新エステ活用術

これまで私を含め、大方の人のエステサロンのイメージとは、どちらかというと欧米系の施術のイメージでした。しかし最近では、アジア系のエステも人気が高まってきているのが現状です。
今日ご紹介したいのは、推拿と骨気、すいなとコルギ、です。推拿は中国からやってきた施術法です。基本的には、なでる、押す、揉む、叩く、などを手を使い行い、体が本来持っている機能を利用して、体の中から健康になる、というものです。簡単なイメージとしては、どちらかというと整体に近いものです。骨気は言葉の響きからも想像できるように、韓国から来た施術法です。名前の通り、「骨」がキーワードの美容法で、簡単に説明すると、骨を本来あるべき位置にもどすことによって、小顔やお肌のたるみ、しわを改善しようというものです。本来の位置に戻すことにより得られる効果ですので、効果の持続性も高いと言われています。実はアラフォーの私はほうれい線に悩まされ、一時期某コスメメーカーのお高いクリームに頼った時期があります。ほうれい線って、あるのとないのでは、顔の印象が本当に違いますよね。そんなほうれい線も解消できそうです。
この他にもタイ、インドネシア、インド等々。お国違えば施術も様々。いろんな美容法を試してみてはいかがでしょうか??

注目記事

Copyright(c) すばらしきエステサロン5連発!. All Rights Reserved.